HOMEアスクネットについて事業の紹介寄付のお願いアクセスお問い合わせ
アスクネットブログ

ヘッダーナビゲーション

現在のカテゴリー位置

2015年2月13日
がっちりガチ系インターンシップ開始!

愛知県の委託事業の一環で今春から大学生インターンシップが始まりました。
今回は計23企業と53名の大学生がインターンシップを実施します。

もう続々とインターンシップも始まっているので、今回はその内のひとつをご紹介します。

ブルーチップファーム (イチゴ狩り)
この企業では、若者の人にもっとイチゴ狩りに来てもらいという希望から、
インターンシップ生は若者に対してイチゴ狩りに関する調査を実施。
その後に大学生ならではの新鮮なアイデアで企業側に提案します!



このエントリーの情報

  • 閲覧数 (1566)
 
毎日、ぎりぎりの時間までご協力して頂き、
感想をもらうことが出来ませんでした。(写真中央の岡田さん)
これに懲りずにアスクネットにまた顔を出してください!!

このエントリーの情報

  • 閲覧数 (1889)
 
今週も2名の県職員が研修に来てくれました!!
とても若く元気があり、団体内も非常に明るくなりました。
たくさん、お手伝いして頂き有難うございました!!




これからインターンをしてくれる3名の大学生も右にいます!!

以下、2名の感想になります。


今回、愛知県職員採用2年目研修でお世話になりました、医療福祉計画課の石黒と、名古屋南部県税事務所の北川です。
研修では、主にインターンシップ計画案の作成や、オータムフェス及び小学校での環境学習に携わりました。

インターンシップの計画案作成では、インターンシップを希望する高校に対して提案予定のインターンシップ計画案を作成するために、当該高校周辺の地域の状況等をインターネットや学校パンフレットから調査し、当該高校に最も適したインターンシップの計画案の検討を行いました。

オータムフェス、中でも高校生が主体となって開催された「BIGフェス」に参加した際には写真撮影を担当し、会場の熱気を伝えられるよう尽力しました。模擬店やダンスパフォーマンス、和太鼓演奏などたくさんのイベントが行われており、私たちも高校生に戻った気分で楽しむことが出来たと思います。若さ溢れる高校生のパワーに圧倒された1日でした。

小学校での環境学習では、学校内にある池や田んぼで捕獲したヤゴ(トンボの幼虫)などを観察し、市民講師の方が講座を行いました。自然との共生の大切さ、重要さを子どもたちとともに学びました。実際に生きたヘビ(アオダイショウ)を講師が連れてくるというサプライズがあり、喜んで首に巻く男の子や泣いてしまう女の子、そして触ってみたいけど触れなかった私たち、様々な思いが交錯する時間となりました。

以上の研修を通じて、NPO法人アスクネットの活動が、愛知県を支える重要な役割を担っていることを痛感し、この研修から学んだことを今後の県職員生活において、必ず役立てていきたいと考えております。6日という短い間でしたが、アスクネットには本当に多くの事を学ばせて頂きました。感謝申し上げたいと存じます。
最後に、下記のとおり『アスクネット』を使って、アスクネットを表現します。


ア(愛が溢れるアスクネット)
ス(すぐれた教育支援アスクネット)
ク(暮らしをより豊かにするアスクネット)
ネ(Never give upアスクネット)
ッ(つながりを大切にするアスクネット)
ト(取り組む姿勢を崩さないアスクネット)


研修生 石黒・北川

このエントリーの情報

  • 閲覧数 (1775)
 
今回NPO研修のため、短い期間ではありましたがアスクネットにお世話になりました。研修では、NPOを取り扱った大学の講義を聴講させて頂いたり、運営や企画に関するミーティングに参加させて頂いたりしました。普段の業務とは異なる内容はとても新鮮でした。企画のミーティングでは、対象となる相手はどのようなものを求めているのか、単純に相手の要望を聞き入れるだけではなく、いかにして自分たちの目的に絡ませながら相手の納得するものを提案していくのか、講義参加者のことを考えどのような講師に依頼するのが適切なのかを熱心に語っている姿はとても感銘を受けました。
 今回の研修で得た、熱い気持ちを胸に抱き、経験を活かして、今後の仕事に反映していければと思います。


このエントリーの情報

  • 閲覧数 (1670)
 
今週も県職員2名がアスクネットに来て頂きました。
感想を書いてくれましたので掲載させてもらいます。

のべ6日間の研修では大学でのNPO講座、インターンシップ受け入れ先とのミーティング、全国子ども福祉センターでの活動参加などたくさんのことを経験させていただきました。アスクネットが行っている幅広い業務の一端に関わることで、インターンシップは教育現場と企業だけでなく社会ともつなげていると感じました。普段の業務とは全く違う環境でしたが、和気あいあいとした雰囲気の中、毎日新鮮な気持ちで研修に取り組むことができました。
(県職2年目研修市野菜摘さん)

今回の研修では9~11、13、15~16日と6日間にわたりアスクネットでお世話になりました。私は学校現場で勤務していることから、教育とはわりと近い立場であり、違った視点から教育現場を支える人たちの仕事に関わることができて教育に関する視野を広げることができました。また、大学の先生やインターンの受け入れ先の企業と教育ついて語り触れ合うことができとても貴重な研修でした。
職場に戻ってから、研修でも経験を活かし教育に対する広い視野で業務に活か
していけたらと思います。
(県職員採用2年目研修石川さん)

このエントリーの情報

  • 閲覧数 (1751)
 
愛知県職員2年目研修でお世話になりました、佐藤と申します。
今回の研修では計6日間お世話になりました。
研修中には大学でのインターンシップ講座、オータムフェスに参加させていただきました。
もともと教育には関心があり、アスクネットさんがどのような業務をおこなっているのかということや、社会に対しての問題意識を学ぶことができ、非常に有意義な6日間でした。
久しぶりの大学・高校で学生の方々に出会うことで、懐かしい気持ちになるとともに、エネルギーをもらうことができました。
社会に問題意識をもち活動される方々と出会うことで、自分自身の問題意識も喚起されました。職場に戻ってからも、アスクネット職員の方々の言葉や学生さんたちの熱を思い起こし、この経験を役立てることができたらと思っています。

このエントリーの情報

  • 閲覧数 (1663)
 
人材育成事業の一つとして、小学生対象の職場見学バスツアーを8月に実施いたしました。
自分たちが住む地域で働く大人を見ることで、仕事の楽しさ、地域産業の良さ、
自らの夢を考える機会にもつながりました。
また、見学だけにとどまらず、事前事後の学習を行い、児童が自ら考え、
疑問や課題を見つけられるようにコーディネートを行ったことで、
誰かのために考えることの喜び、苦労や失敗から学ぶことの重要さを学べ、
より子どもたちの記憶に残るツアーとなりました。




このエントリーの情報

  • 閲覧数 (1654)
 
先週からサマセミ準備、サマセミ当日をサポートしてくれた県職員6名が、
本日研修を終え、明日から自分たちの職場へ戻っていきます。

6名全員とても協力的でとても活躍してくれ、
団体として非常に感謝しています。

<一部感想を紹介させて頂きます。>
サマーセミナーへ参加し、東北スタディツアーの話など伺ったことで、
子どもの成長において、大人はどのような立場から支援やフォローをいれていく
ことが、より効果的であるのか学ぶ機会となったように思います。
また、子どもたちの成長において大切なことは、施設や学校、家庭といった特定の領域だけで
子どもたちを支えていくのではなく、それらすべての領域である、
地域全体で支えていくことが重要なのだと実感することが出来ました。
また、大人が「~しなさい!」と指示を出すだけでなく、子どもたち自身が考え、行動し、
多くの失敗をしたうえでの成功経験の場を与えることで、自信や主体性が育まれるのだと感じることも出来ました。
この研修を終えて、そういった経験をし、大きく成長をしている子どもと触れ合うことも、
私自身の成長に必要なことであったと改めて感じます。
本研修で、私が、今後子どもたちを支援していくうえでの
「目標となる子どものモデル」の一つを発見することが出来たように思います。


自分たちのフィールドに戻り、
活躍し、お互い成長した姿で再会したいと願っています。

6日間、本当に有難うございました。
最後に高校生フェスの生徒と一緒に写真を撮りました!!

このエントリーの情報

  • 閲覧数 (2155)
 
「マイチャレンジインターンシップ2014」参加生徒募集致します。
今年もたくさんの受入先事業所のご協力のもと開催します。

高校生のみなさん、是非参加してください。
詳しくは、学校に配布されているチラシまたは、
アスクネットホームページ上にある、
マイチャレ専用ページをご覧下さい。
 http://www.asknet.org/mychalle/



このエントリーの情報

  • 閲覧数 (2361)
 
愛知県のNPO業界では、知らない人はいない、
コミュニティ・ユース・バンクmomoが求人を出しています。
今までの社会人経験を活かして、
NPO業界、社会的起業、志金循環等に飛び込んでみたい方は、
是非、momoへお問い合わせください。

詳しくは、こちらへ
http://www.etic.or.jp/drive/job/2165


<企業・団体概要>
■設立:2005年10月23日
■代表者名:木村真樹
■従業員数:2名(うち正社員1名)
■資本金:51,770,500円(2014年3月7日現在の出資総額)
■売上高:22,769,012円(2012年度)
■事業内容:
地域課題の解決策を“寄付”や“助成”ではなく、
「出資」や「融資」という「返済を前提としたお金」で応援することで、
お金の「出し手」(出資者)としての当事者意識を育み、
お金の「受け手」(融資先)としての自立(自律)を促しています。
しかし、momoが掲げる「お金の地産地消」は、「出資を集め、融資を行う」だけでは実現できません。
出資者からの「志金」が地元で生かされるには、実は融資をしてからがスタート。
20~30代のボランティアスタッフ「momo レンジャー」が融資先をつかず離れず見守って、
必要な場合は手助けしています。この「お金」だけでなく、「時間」や「スキル」を
持ち寄る応援コミュニティが、他のNPO バンクにはない特徴のひとつです。
■業種:金融・保険業、サービス業
■WEB:http://www.momobank.net
■住所:愛知県名古屋市東区代官町39-18

このエントリーの情報

  • 閲覧数 (2110)
 
先週の12日(土)に愛知大学豊橋キャンパスにて開催された、
愛知学長懇話会主催 ESD大学生リレーシンポジウム
第2回「持続可能な中山間地域と人間居住」に参加してきました。
大学生のプレゼンと基調講演と盛りだくさんでしたが、
その他にも桜丘高校の和太鼓部の演奏もあり、
とても濃いシンポジウムでした。

このエントリーの情報

  • 閲覧数 (1783)
 
第26回愛知サマーセミナーのサイト及び講座登録が開始されました。

誰でも先生、誰でも生徒、どこでも学校。
教えたいことを教え、学び合いことを学ぶ「夢の学校」です。

[日程]7月19日(土)、20日(日)、21日(祝)
[会場]名経大高蔵中学・高校、名古屋大谷高校他

詳しくは、ホームページをご覧ください。

http://www.samasemi.net/

このエントリーの情報

  • 閲覧数 (1921)
 
誠に勝手ながら、本日、明日とアスクネットは、
年度始めのミーティング合宿のため事務所不在となります。
ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承のほど宜しくお願い致します。

伊勢志摩のユースホステルにてミーティング中です。
4月から正規採用となった、荒井、小柳も参加し、
アスクネットの未来につきて考えています。





このエントリーの情報

  • 閲覧数 (1629)
 
マイチャレンジインターンシップの受入を依頼させて頂くため、
株式会社みちのく屋の若林社長にお会いさせて頂きました。
受入を快くご承諾いただきました。

みちのく屋の想い、若林社長の想いが分かり、
カッコイイ大人と出会える、よい経験の出来るインターンシップになりそうで、
今からすごく楽しみです。



みちのく屋ホームページ
http://touhoku-michinokuya.jimdo.com/

このエントリーの情報

  • 閲覧数 (1673)
 
本日より8名の常勤スタッフと2名の非常勤スタッフ計10名で、
26年度をスタートしますが、日頃からお世話になります皆様には、
今年もかわらずご支援ご協力の程宜しくお願い致します。

3月末には、高校生フェス×アスクネットで「東北スタディツアー」がありました。
今回のスタディツアーは「福島コース」と「南三陸コース」の2コース実施。
高校生70名と父母7名、先生3名、アスク2名が参加しました。

実際に被災地を目の当たりにしたり、3月11日に何が起こっていたのかを現地の高校生から聞いたりしたことで、様々な感情が生徒の中に芽生えたようでした。また復興へ向けて頑張っている方々と出会い、自分たちがこれから何をすべきかを真剣に考えている生徒たちの姿が印象的でした。このツアーで学んだことを活かしてさらに大きく成長してくれることでしょう。



このエントリーの情報

  • 閲覧数 (1672)
 
今年も非常にたくさんの方にご参加頂き、
楽しくにぎやかに忘年会を開催することが出来ました!!
来てくださった皆様、ありがとうございました。

今年、初めて参加される方も多く、新鮮でたくさんのお話を聴くことができ、
スタッフ一同、改めて多くの方々に支えられ活動させて頂いていることを
実感することが出来ました。

今年も残りわずかとなりました。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。

このエントリーの情報

  • 閲覧数 (1954)
 
愛知県職員2年目NPO研修でアスクネットに6日間来て頂いた、
大久保さんから感想を頂きましたので、ご紹介します。

以下、大久保さん感想

今回6日間の研修で、高校での社会人講師による講座への同行、
オータムフェスティバルの取材をさせていただきました。
普段の業務から離れ、戸惑うこともありましたが、研修を通じて、
改めて教育の大切さを痛感できました。
特に思ったのは、学生という段階で社会人の生の声を聞き、
インターンシップ等の職業体験をすることがいかに貴重な経験であるかということです。
正直、自分は何となくのイメージだけで高校、大学、そして職業を決めてきました。
なので、事前にそれぞれの職業で実際に働いている人達と接する機会を持つことで、
学生達がやりたい仕事を決める時に具体的な想像ができ、
学生と企業のミスマッチも少なくなるのではないかと思いました。
このように学校、企業、地域をつなげる役割を担っている
アスクネットさんの大切さを強く感じたと共に、
そこで働く職員さんも熱い想いを持った方ばかりで、大いに刺激を受けたので、
県職員としての業務に戻ってからも、一生懸命頑張っていきたいと思います。
短い間でしたが、大変お世話になりました。ありがとうございました!



(写真右:大久保さん、左:祖父江さん)

このエントリーの情報

  • 閲覧数 (2031)
 

 6日間の研修では、高校での社会人講師による講座への同行、オータムフェスティバルの取材をさせていただきました。
 今回の研修を通じて「気づく」ことの重要性を実感しました。某高校にオータムフェスの取材に行った際に、チョコレートの製造過程をもとに、「フェアトレード」と「児童労働」をテーマとしたドキュメンタリー映画『バレンタイン一揆』という映画を拝見しました。その映画の中では、「日本人は生活していくうえで困難に直面する機会が少なく、現在を当たり前のように過ごしているが、世界を目に向ければ決して当たり前ではない」という一節が語られているのですが、その一節が心に響きました。当たり前だと思っていることを「疑う」姿勢こそが、問題意識を生み出し、自ら考え学ぶという教育精神にもつながると思います。県職員として、あらゆる事象に目を向け考えることにより、よりよい地域社会の実現を目指していきたいと思います。
(文責:小坂浩史)

このエントリーの情報

  • 閲覧数 (1930)
 
 9月28日、29日に、愛・地球博記念公園地球市民交流センターで「愛フェス2013」が開催されました。愛フェスとは、「楽しむことが誰かのためになる」のテーマのもとに、市民と企業とNPOがみんなで参加してつくりあげてきたイベントです。
当日は、NPOブースに出展し、会場に来ていた子どもたちと一緒に、すごろく&クイズや、紙飛行機、ブーメランなどを使ったゲーム、手遊びなどを楽しみました。子どもたちは、初めて見る折り紙のおもちゃやブーメランに興味津々で、また、どうやったら紙飛行機が遠くまで飛ぶか悪戦苦闘しながらも、自分で考え、何度も挑戦していました。

最初は恥ずかしがっていた子も、おもちゃで遊んでいるうちに笑顔になり、「すごいね」「おもしろい」などと話してくれるようになりました。

親御さんの中には、高校生インターンシップに興味を持たれ、「こういう活動があるのを知らなかった。高校生の娘もいるので、是非参加させたい」とおっしゃられた方もいました。何かをやりたいと思っていても、活動があることを知らなくて動けていない方もたくさんいると思います。今回の出展が少しでもそういう方に役立つものになったのであればと思います。
また、今回愛フェスに参加して、私自身他のNPOの活動を知るきっかけにもなりました。仕事柄外国人の居住問題などに興味があり、実際に、外国人率の高い公営住宅などで、在住外国人と日本人の架け橋となるような活動をされている方に、よそ者の立場から何ができるか、どう関わっていくのかなどの話を聞けたのが印象に残りました。

このエントリーの情報

  • 閲覧数 (1846)
 


本日、9月15日(日)
本当に最後の事後ミーティングが終わりました。
残すは、9月21日(土)の報告会のみです。

今回の報告会は、参加した高校生がたくさん参加します。
是非、その勇姿をご覧にお越し下さい。

参加した高校生の保護者、送り出した学校の先生、教育関係者、
次世代育成に力を注ぐ皆様。
若者はきっかけを提供すればアクティベート(起動)します。
アスクネットが12年間事業を通していろいろなきっかけを提供してきました。
高校生のインターンシップは、その代表例です。

しかし、マイチャレンジインターンシップはアスクネットだけでは行うことは出来ません。
多くの受入先事業所、生徒を送り出す学校の先生、
そして、運営にかかる費用を寄附してくださった皆様がいたから今年も実施できました。
有難うございました。

高校生たちが待っていますので、報告会へ足をお運びください。

このエントリーの情報

  • 閲覧数 (1833)
 

ページナビゲーション

« « 2017 6月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

「アスクネット通信」配信登録
お名前 ※
E-Mail ※
  • チャリティ
プラットフォーム
  • 数学教科懇談会
  • 東海若手起業塾