HOMEアスクネットについて事業の紹介寄付のお願いアクセスお問い合わせ

教育コーディネーターの仕事 ①−1


学校のニーズを知る




教育コーディネーターの仕事の多くは、学校の依頼から始まります。
進路学習・生き方講座/総合学習での環境・国際といったテーマがよくある依頼内容です。
教員も外部講師を活用した授業に慣れていないことが多いため、漠然とした依頼であったり、授業イメージが固まっていなかったりします。コーディネーターは教員から、外部講師を活用することで、子どもたちにとってどのような学びが提供できるのか、丁寧に聞き取りをする必要があります。





前
Q3.教育コーディネーターは、何をするのですか?
カテゴリートップ
教育コーディネーターマニュアル
次
教育コーディネーターの仕事 ①−2
  • キャリア教育コーディネーター育成講座
  • 教育コーディネータマニュアル
  • 愛知県委託事業「モノづくり魂浸透事業」
2017/04/06up!
ホームページのリニューアルを予定しているため、
現在のホームページの...
アスクネットブログ

「アスクネット通信」配信登録
お名前 ※
E-Mail ※
  • マイチャレ
  • 講演会
  • 東海若手起業塾
  • 人材育成コーディネート推進事業
  • キャリア教育プロジェクト
  • サマーセミナー
  • 私学をよくする愛知父母懇談会
  • 愛知県高校生フェスティバル
  • オータムフェスティバル
  • 授業改革フェスティバル
  • NPO法人コヂカラ・ニッポンのHPへ